石鹸シャンプーのギシギシ対策

石鹸シャンプーのギシギシ対策

石鹸シャンプーは髪に優しそうだから使ってみたが、髪がギシギシしてしまい挫折した方も多いと思います。石鹸シャンプーのデメリットはその点で、ロングヘアだとちょっと難しいと感じてしまいます。ロングヘアで髪が絡まりやすい方は取り入れにくいのですが、それ以外の方はちょっとしたコツでギシギシも解消されるため、挑戦してみましょう。
石鹸シャンプーで髪がギシギシになってしまうのは、石鹸はアルカリ性だからです。髪は弱酸性でアルカリ性に近づくとキューティクルが開きやすいのです。この時に髪に触れるとギシギシしたり、指通りが悪い感じがします。石鹸シャンプー専用のリンスを使うと、アルカリ性から弱酸性に近づけだいぶ改善されます。石鹸シャンプー用リンスは、髪をコートする成分は入っていないため、一般の商品と比べると髪の表面がツルツルしません。逆にこれをメリットと感じ、髪に余計なコートをしない、自然な状態と考えれば、続けやすくなります。
それでもどうしても髪のギシギシが気になるなら、シャンプー後にオイルケアをしてみて下さい。まだ半乾きのときにオイルを付けると、髪の表面がオイルで保護され水分の蒸発を防いでくれます。ホホバオイルなど植物オイルを使えば、髪にも優しいです。