石鹸シャンプー用リンスの使い方のポイント

石鹸シャンプー用リンスの使い方のポイント

石鹸シャンプー用のリンスを使うときには、髪によく行き渡るように工夫します。洗面器にお湯を張り、リンスを薄めて使うと、髪全体にリンスの成分が行き渡りやすくなります。通常のシャンプーのような使い方だと、リンス成分が行き渡らない箇所が出て来てしまい、ギシギシ感が強くなりやすいです。
固形石鹸の場合はリンスが売られていない事もあり、そのときは他の石鹸用リンスを活用したり、お酢でも代用することができます。リンスはアルカリ性を弱酸性に傾けるためのもののため、お酢でも代用が可能なのです。リンスはコートする成分は入っていないため、髪が痛んでいるとキシキシ感が強く出やすいです。カラーリングやパーマをかけている人も、髪の痛みを感じやすくなります。その場合はタオルで軽く水分を拭き取った後に、オイルを付けて水分の蒸発を防ぐと良いです。つけすぎるとベタベタするので、髪が半乾きのときに毛先を中心に付けるのが良いでしょう。
石鹸シャンプーは合成リンスやトリートメントの相性は悪いため、石鹸シャンプー用のものを使ってください。髪の痛みがひどいなら、髪を洗う前にオイルパックすると美容成分が浸透し改善されます。オイルパックは頭皮に付ければ、同時にスカルプケアもできます。